ねこうさぎ

チラシの裏で、やる気は常にマイナス方向。テンションは低めでお送りしております。

空を掴むと、零れるものは……(長っ)


その人は突然、訪ねてきた。
学校で別れたばかりだというのに。
ペットボトル2本と一袋のお菓子。
それが入ったビニール袋を手に。

そして、日々強くなっていったあの匂いを、
その指先に、髪に絡めて……。

何時もと同じ笑顔を見せながら10分ほど話して、
その人は、立ち上がった。

「帰らなきゃ」

何かに引っ張られるように呟いた。
あの匂いが、一段と強くなる。

とても、嫌な、あの匂い……。

その人は最後に
「さよなら」
と言って・・・いなくなった。

自分の言葉
自分の存在
側に居ても、力にはならなかったのだろうか…

何時もと同じ笑顔に、その存在を掴む事は
……出来なかった。

沈黙と残されたのは、あの嫌な匂い。

何時までも消えない

―――死の匂い



何時ものように別れて・・・
何時ものようにまた出会う・・・

それは、当たり前のように繰り返され
それは、日常と呼ばれるもの

季節の変わり目などに
それは失われたりもするけど……
往々にして大きく変わる事はない。

そう思うのは、浅はかだろうか?
そう思うのは、愚か…だろうか?


何も掴む事の出来なかった手は……
[ 2005/03/28 00:00 ] 歪んだ呟きマイナス |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ぷろふぃーる?

さーき

HN:さーき
種族:忘却人間(Lv74)

つぶやき