ねこうさぎ

チラシの裏で、やる気は常にマイナス方向。テンションは低めでお送りしております。

秘技・ちゃぶ台返し

タイトルに深い意味はございません。
と、とりあえず最初に書いておきます。

考えが全然まとまらなくて
脳内がみーみーしています。

いったい何が言いたいのか……

…ワカンナイ


以下、書き散らし

―――――こっから―――――

いつの時も繰り返し出会っていた。
名前が終わった後に気がつく。
ただ小さく鳴いていればよかった頃。
それが一番最初。
その時は憎しみにまみれて終わった。
始まりはその時。
繰り返し繰り返して出会う。
途切れないは、憎しみを抱える。
途切れるは……

今の名前では出会っていない。
気がつくはずがない事。
それに気がつくという事は。
ただただ大切だから。
繋がらなくても。
選べる選択肢はない。
それは今が……

今にいてくれる人。
底から記憶を掬い上げてみれば、
その人もまた……
空気のような記憶だけだとしても。
なにか伝える事があった気がする。
なにか言おうと思った事がある気がする。
あたりまえとしてくれていた事。
疑問に思った事はなかった。
今までなにを見ていたのか。
なにを感じていたのか。
耳をすませた事はない。
拒絶。
悲しいを感じること、思い出した。
嘘をついた。
あの言葉は自分の為だった。
伝えたい言葉がある。
謝りたいのではない。
伝え零したい音の羽。
それはとても暖かいものだった。

あの頃には知っていたはずなのに。

―――――ここまで―――――

う~・・・…ノートと鉛筆を用意するかなぁ。
どうにもなんねーや。

とりあえず、気合を入れるぞ!
ふぁいと・おー!
…いや、その前に見直さなきゃだ。
やっぱり、思い出さなきゃだ。
[ 2006/05/08 21:46 ] 歪んだ呟きマイナス |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ぷろふぃーる?

さーき

HN:さーき
種族:忘却人間(Lv74)

つぶやき