ねこうさぎ

チラシの裏で、やる気は常にマイナス方向。テンションは低めでお送りしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

不快な【3】

読んだ後の苦情は付けつけません。

読む前の苦情も受け付けません。

あえて続きに本文を置く意味は・・・
【責?】
ボクは、ボクたちはあなたに殺される。
あなたはボクたちを殺すこと、知っていますか?

ボクは、ボクたちはあなたに殺された。
あなたはボクたちを殺したこと、知っていますか?

あなたにそのつもりはないのだろうけれど、
ボクは、ボクたちはあなたに殺され続けている。

あなたが、その文字を読み進める時。
あなたが、その映像を再生する時。
あなたが、その頁をめくる時。
ボクは、ボクたちはあなたに殺される。

それは直接的ではないけれどね。
あなたが物語を再生さえしなければ、
ボクたちはあなたの中で殺されることはなかったのだ。

恨み・・・はないよ。
ただ、ただね・・・


【前提】
きみ達の世界にそれがあるか知らないけれど、
この世界には魂と言われるものがある。
そして、死んでしまった人の魂はある場所へ還る。
お空に浮かぶ、丸いものの内側。
今はもう、還る道が閉ざされてしまって、
みんな迷子になってしまっているけれど。

迷子になっている内、自分を忘れてしまう魂もいるんだ。
忘れないで、忘れないで。
自分がどんな姿をしているのかを。
道が開かれた時、どこに還るのかを。

忘れないで、何を大切にしていたのかを。


【盲目】
あの日あの時間ならこの場所にいるはずだと、
居なくなってしまった片割れを探す。

今にも崩れてしまいそうな学校。

あれだけ賑やかだったのに、今はもう誰も居ない。
後ろで危ないからと言っている友達以外、誰も居ない。
・・・居ないはずはないんだ。
目を閉じる、耳を塞ぐ。
もうひとりの自分はどこに・・・
ひとりは、ひとりは嫌なんだ。

不意に突き飛ばされる。
背後に大きな音。
崩れた天井と、血のニオイ。

あれ・・・?

崩れた天井は自分の力では動かない。
嫌だ、嫌だ・・・
言われてたんだ、危ないって。
自分は・・・何を求めてた。
何を見ていた・・・

ああ・・・そうだ・・・
見えてないから・・・見えてないから・・・

【キョウキ】
殺したがるけど、死にたくなかったんだ。
だから、手にした凶器を突き刺した。
そしたら君は死んでしまった。
殺すつもりなんて、なかったんだ。
でも知っていたんだよ。
死んでしまうって事は。
涙が止まらない。
どうして、どうしてこんな事に。
自分が怖い。
助けて、助けて、助けて!
これを持ち続けてたら、きっとまた殺してしまう。
そんな事、望みたくない。

大丈夫だよ・・・

そう言って、あの人は凶器をしまってくれた。

大丈夫だよ・・・

そう言って、あの人は狂気をしまってくれた。

鍵のついた引き出し。
そこにすべてを閉じ込めて。
もう、キョウキに飲み込まれないように・・・

【重荷】
赤い色に沈む片割れの横で泣いていた。
赤く染まった両手を見て、泣いていた。
だって、殺そうとするから。
大切な人を、殺そうとするから。
失いたくなかったんだ。
これが正しかったとは思わない、でも。

背中に熱いものを感じた。
僕が落とした凶器を手にしたあの人が立っている。
怒っているのか、泣いているのか・・・
その両方の色を宿して。

色々と、迷惑をかけていたね。
たくさん感謝しているんだよ。

そこで・・・僕の思考は止まる。

ああ、死ぬんだな。

【おまけ】
思い出させないで!

廊下や教室に残る黒いシミ。

思い出させないで!

廊下や教室に転がる人だったもの。

思い出したくない!

泣き叫びながら、その場所から逃げようとする。
でも、記録された現実は塗り替えられない。
現実として再生されたものは取り消せない。

全員は助からないと言われた。
決められた人たちが、ここから逃げられると決まった。

誰かが言った。
決められた人たちに空席が出来たら・・・と。

みんな死にたくなかったんだ。
普通に、普通に生きていたかっただけなんだ。
でも、それは許してもらえなかった。
終ることへの恐怖。

誰かが耐えられなくなって、誰かを殺した。
その後は、もう・・・

自分は、死んでしまう現実を受け入れるつもりだった。
・・・なのに、殺されるのは怖かった。
怖くて怖くたまらなくて、抗った。

自分の両手を見る。
自分の身体を見る。
誰かの血の色が残る。

何を・・・した?

思い出したくない!
思い出させないで!

ここに残っているのは自分だけ・・・

それは、つまり。

自分が崩壊していくのを感じる。

生き残る・・・つもりなんて・・・

---------------------

断片をこぼしているだけとは言え、
盛大に間がすっぽ抜けてることに気がついた。

自分で何を書いてるのかもわからない。
[ 2013/11/21 13:37 ] 歪んだ呟きマイナス |
ぷろふぃーる?

さーき

HN:さーき
種族:忘却人間(Lv74)

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。