ねこうさぎ

チラシの裏で、やる気は常にマイナス方向。テンションは低めでお送りしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

死にたがり

私の中の死にたがりのあの子があまり顔を出さなくなりました。
それは別にその感情がなくなったというわけではなく……
まぁ、顔を出したとしても妙に元気だったりするんですけどね。
何を考えているのか、何も考えていないのか、良く分かりません。

あ、中にもう一人の人格が居るとかじゃないですよ。
自分の言葉が苦手なので、ヤツに託しているだけです。
語る口を変えて、嘘を紛れさせて分からなくする。

それだけの話。

++うけとるだけの++

ボクにはあの子以外の人が居なくても良かった。
ここに、アイツとあの子とボクだけで。
静かな時間が流れる。
あの子のぬくもりを感じられる。
ココロが痛む事があってもそれが日常。
その日常が続く事を望んでいた。

でもそれは叶わない。

繰り返し繰り返し失われる事になる。
ボクはあの子のためだけに存在している。
あの子が失われた時、ボクは消えてなくなる。

殺したがるから…と泣いていたあの子が消される。
とても熱い赤に包まれて、あの子が消される。
その先に天国があると信じて、あの子は自ら消える。
ひとり残されて、あの子が忘却の中に消える。
温かい赤に沈んで、あの子が消される。
名前を呼ばれなくなり、あの子は自分を消す。

面白くないから。

そう言って繰り返し与えられる望まない結末。
ボクたちの悲しみを、痛みを見て満足しているのは誰?
そのココロを軽くしているのは誰?
世界を孤独にしたあいつらと見ている誰か。

あの子と出会わせてくれた事は感謝しています。
でもね……
[ 2011/08/13 22:56 ] 歪んだ呟きマイナス |
ぷろふぃーる?

さーき

HN:さーき
種族:忘却人間(Lv74)

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。